女 ひげ 原因

女性なのにヒゲが生える理由

同じ女性なのに、ヒゲが生える人、ヒゲが生えない人、いますよね。

 

ヒゲが生える理由は色々ありますが、1つにホルモンのバランスが関係しています。

 

女性が女性らしい身体をつくるには、エストロゲンと言う女性ホルモンが握っています。

 

エストロゲンは、年齢とともに減少し、20代半ばを境に徐々に減っていきます。

 

ヒゲが濃くなるのは女性ホルモンの減少のグラフ

 

エストロゲンは、「女性らしさ」を保つ女性ホルモンです。

 

若い方であっても、エストロゲンの量は個人差があります。

 

女性ホルモンが少なく、男性ホルモンが多い方は、自然とヒゲが濃くなる傾向にあります。

 

女性のヒゲ対策は、内側からの対策と外側からの対策があります。

女性のヒゲ 内側からの対策

女性ホルモンが少なくてヒゲが濃くなる方には、女性ホルモンに似た働きをする成分を補うことで解決できるかもしれません。

 

女性ホルモンに似た働きをする成分は、「大豆イソフラボン」と言って、納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

 

この大豆イソフラボンは、腸内で細菌の力を借り「エクオール」と言うエストロゲンに似た成分に変化します。

 

「ホルモン補充療法」とは違い、食品から摂るので副作用の心配もないのが嬉しいですね。

 

ここで問題があります。

 

いくら大豆製品(大豆イソフラボン)を摂っても、腸内でエクオールに変化させることができない人がいます。

 

このエクオールに変化させることができない人は、なんと日本人の2人に1人だそうです。

 

自分がエクオールを作れる体質なのか作れない体質なのか気になりますよね。

 

そんな方には、自分が腸内でエクオールを作れるのか作れないのかをチェックする方法「ソイチェック」と言う検査があります。

 

もし、気になるなら「ソイチェック」を受けてみると良いですね。郵送でも受けられるので、気軽に検査できます。

 

女性なのにヒゲが濃い方は、大豆製品を積極的に摂るか、エクオールのサプリメントでエストロゲンを補充するのも1つの方法です。

女性のヒゲ 外側からの対策

女性のヒゲの悩みを解消するには、外側からのケアも必要です。

 

女性の肌は繊細です。まして顔に使用する製品となるとかなり気を付けて選びたいですね。

 

最近では、女性のヒゲや顔の産毛に特化した専用のクリームやローションが発売されています。

 

できれば、専用のクリームやローションを使用し、じっくりと外側からアプローチしていくのがおススメです。

 

女性の産毛やヒゲにアプローチする成分

 

顔の産毛やヒゲにアプローチする成分は、やはり女性ホルモン様の大豆エキス、球根のエキス「IBR-ドルミン」、パイナップル果実エキスなどがあります。

 

球根のエキス「IBR-ドルミン??」

 

球根は、芽を出し花を咲かせるまで休眠の時期があります。
球根のエキス
球根は、最適な季節に目を出すまでの間、自分の細胞の増殖や成長をストップさせる「スローダウン」と言う力を持つそうです。

 

この休眠状態の球根から抽出されるエキスには、肌の老化に繋がる過剰な細胞の増殖を防ぎ、口周りのケアのサポートをすると言われています。

 

「IBR−ドルミン??」は、口周りの繊細な肌のために、有機栽培の「フサザキ水仙」の球根エキスのみを抽出したものです。

 

大豆エキス、ザクロエキス

 

>大豆エキス、ザクロエキスは、女性ホルモン様食品として、女性らしさに働きかけることで産毛やヒゲを抑制する働きがあります。

 

パイナップル果実エキス

 

パイナップル果実エキスには、古い角質に働きかけ、パイナップルに含まれる分解酵素が肌を滑らかにする働きがあります。

 

肌からのアプローチは、ヒゲや産毛を薄くするだけでは不十分です。

 

産毛ケアには保湿が必要

 

ヒゲや産毛にアプローチする成分の他、肌のストレス除去や肌の保湿効果のある成分も同時に与えることで、穏やかで美しい肌へと導かれます。

 

ヒゲ対策クリームを使用するにあたり、除毛成分以外の成分も非常に大切になります。

 

女性のヒゲと産毛専用クリームはこちら

 

 

page top