顔 脱毛

顔の産毛がなくなると肌が明るくなる

顔の産毛の処理、どうしていますか?

 

カミソリで剃る方やサロンやエステ、クリニックで処理する方などいると思いますが、顔の産毛と体毛の違いをご存知ですか?

 

顔の産毛はあまり濃くならないため体毛より気にならないかもしれませんが、実は、他の箇所の体毛とくらべて毛穴や毛が多い場所です。

 

また、1本1本の毛が細いため、他の部位より脱毛した感が感じられない部位でもあります。

 

しかし、顔の脱毛をした後、メイクをするとそのその効果を感じられると思います。

 

一番感じるのが、「メイクのノリ」ですね。

 

ファンデーションの付きが良くなるため、くすみが解消し、肌がワントーン明るく感じます。

 

産毛が無くなるだけでこれだけの違いを感じることができます。

 

顔脱毛

 

私の場合は、肌のツルツル感が増す感じがしますが、毛穴のたるみが改善したと感じる人もいるようです。

 

エステと医療機関の脱毛はレーザーの出力が違う

 

顔の脱毛をサロンやエステで行う場合と、医療機関やクリニックで行う場合は、レーザーの出力が違います。

 

医療機関では、医師が出力を判断し、脱毛後の肌の状態も診療します。

 

そのため、医療機関やクリニックの方が強い出力が見込めます。

 

痛みは強くなりますが、そのぶん効果も高くなり、価格も高めになります。

 

その逆に、エステやサロンは、エステシャンなどが行うので、出力は弱くなります。

 

エステは、出力が弱い分通院回数が多くなり、クリニックでは少ない回数が見込めます。

 

医療機関の料金が高くても回数が少なければ、最終的にはエステと同じになる場合もあります。

 

体毛と顔のうぶ毛のサイクルは違う

 

頭皮などのサイクルが3ヶ月位に対して、顔は1ヶ月くらいとサイクルが早いため、早く伸びを感じます。

 

女の子なのにヒゲが生えると気になりますよね。

 

そのため、頻繁に脱毛を行いたくなりますが、肌への負担を考えると2ヶ月から3ヶ月程度のペースで通うのが理想です。

 

顔脱毛でできない部位

 

顔の脱毛部位ですが、一般的には、
●鼻の下
●アゴ
●頬
になります。

 

一般的な顔の脱毛は、鼻の下、アゴ、頬、フェイスラインです。

 

唇は粘膜ですので、唇には照射できませんから、ギリギリのところまでで照射をやめることになります。

 

もみあげや眉は、脱毛をやっているところが少ないため、サロンや美容院、アナスタシアなど眉専門のサロンなどで処理してもらうと良いですね。

 

金額は、エピレの「フェイス・5プラン」で、56,100円です。対象部位は、額・ほほ・鼻下・あご・フェイスライン。エピレは、額もやってくれるサロンになります。

サロンやエステは無理!自宅で顔脱毛したい!

エステやサロンは、定期的に通う必要があり、価格も高額になります。

 

また、照射が痛かったり、唇周りを避けるため、唇ギリギリに生えているヒゲを取り残すことも・・・

 

そこで、オススメなのが、顔にも使える脱毛クリームです。唇に付いてしまっても問題なく、神経質になることなく洗顔後に基礎化粧品と同じ感覚で使えます。

 

女性らしさ育むうぶ毛対策【 dim.(ディミヌ)】

 

ただ、デメリットは即効性がないこと。付けて直ぐにヒゲが無くなることはありません。

 

徐々に薄くなるので、お急ぎの人は、一度カミソリなどで正しい処理をした後、使いはじめると良いですね。

 

ただし、カミソリなどで皮膚に見えない傷が付きますと、そこからトラブルになる可能性もありますので、処理した直後より1日置いてからの方が安心です。

page top