女 ひげ 薄くする

女性のヒゲを薄くする脱毛ローションとクリーム|顔の産毛も薄くする

女性の濃いひげを薄くする方法

女性の濃いヒゲ

ひげの濃い女性は、子供からシニアまで思った以上に多いです。そう言う私もその1人でした。

 

私の場合、ハッキリとしたヒゲは見えないタイプでしたが、産毛が黒いので鼻の下が黒ずんで見えました。

 

口角の辺りに集中してヒゲが見えるタイプの人もいますよね。

 

まったく気にしていない人もいますが、簡単な方法でどうにかなるなら薄くした方が絶対良いと思います。

 

お化粧のノリも全然違いますし、肌がキレイに見えます。

 

ヒゲがあるとファンデーションが産毛の上に乗るんですよね。密着していないので肌の透明感が出ないのです。

 

それに、ヒゲって見られていないようで案外見られています。

 

特に女性の場合です。

 

女性のヒゲが濃いことが分かると、見たら失礼かなと思い目をそらしてしまう人もいるんですよね。

 

ヒゲをなくす方法として、

  • 「シェーバーなどでヒゲを剃る」
  • 「サロンやクリニックで脱毛してもらう」
  • 脱毛ローションやクリームで徐々に薄くする
  • これらの方法が一般的だと思います。

     

    しかし、シェーバーやカミソリは肌を傷めたり、削られた肌の表面から水分が抜けて肌が乾燥してしまうこともあります。

     

    刺激を与え続けることでシミになったりすることもあるんですね。強くこすったり、お手入れのし過ぎは、「接触性のシミ」を作る原因になります。

     

    また、無理に毛を抜くと、その反動で肌がたるむことがあり、たるみと乾燥で毛穴が開いてしまうことも・・・

     

    そこで、サロンやクリニックの体験コースを受けてみましたが、私の場合、サロンやクリニックの顔脱毛は、通わなくてはいけないし、何よりお金がかかって続きませんでした。

     

    サロンやクリニックでの脱毛の詳細はこちらでご説明しています。

     

    ここでは、シェーバーでもなく、サロンやクリニックでもなく、自宅で簡単にできるローションやクリームを使ったヒゲ脱毛をご紹介します。

     

    顔にも使える脱毛ローションとヒゲ専用のスキンケアクリーム

     

    徐々にヒゲを薄くするローションとヒゲ専用クリームは、どちらも、ヒゲを薄くしてくれる特別なスキンケアです。

     

    脱毛ローションもクリームも化粧品をつける感じで塗るだけで、ヒゲを薄くする効果と保湿効果があり一石二鳥です。

     

    手っ取り早く言うと・・
    カミソリも面倒だし色素沈着や毛穴が心配、エステや美容皮膚科までは行きたくないと言う人で、なんとかヒゲを薄くしたいと言う人向けのアイテムです。


    幼児にも顔にも使える脱毛剤

    脱毛剤や除毛剤は、ドラッグストアに行くと、たくさん並んでいます。

     

    腕や足などの脱毛剤は、顔と違い皮膚の強い部分に添付しますので、アレルギーがなければ、使い勝手や香り、価格など自分の好みで選べますね。

     

    しかし、どんな脱毛剤でも、広範囲に塗る前に、パッチテストを行い、アレルギーなど有無を確かめてから行うとより安心です。

     

    このような脱毛剤は、毛を溶かすための化学成分が比較的強いので、怖くて顔に塗ることなんてできません。

     

    顔は、体に比べ皮膚が薄かったり、紫外線にさらされている分、他の部位より慎重になるほうが良いです。

     

    まして口の周りだと、粘膜である唇に触れたり、口に入ってしまう危険もありますから、強い化学成分の脱毛剤はおススメしません。

     

    では、強い成分ではなく、肌に優しいのに女性のヒゲを薄くする効果のある脱毛剤ってあるのでしょうか?

     

    それが、探すとあるのです!顔にも使える「コントロールジェルME」と「女性ヒゲ専用クリーム ノイス(NOISU)」です。

    女性ヒゲ専用クリーム【ノイス(NOISU)】について

    女性ヒゲ専用クリーム【ノイス(NOISU)】は、女性の肌を考慮して女性のために作られた女性専用のヒゲ(産毛)専用クリームです。

     

    ノイス商品

     

    こちらも、女性ホルモンに着目した成分で、タンパク質分解酵素と3つの大豆パワーでムダ毛を処理するものです。

     

    タンパク質分解酵素は古い角質や老廃物を除去する働きがあります。

     

    ノイスに含まれる女性ホルモン様作用がある大豆成分は

    • 大豆イソフラボン
    • 黒大豆エキス
    • エクオール

    この3つです。

     

    エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌「エクオール再生菌」の力を借りて女性ホルモンに似た働きをするエクオールに変化したものです。

     

    エクオールの女性ホルモン様の働きはこちらでご紹介しております。

     

    大豆エキスのヒゲ脱毛効果

     

    上記3つの女性ホルモン様成分の他、似たような働きをする「ザクロエキス」と「プエラリアエキス」も配合し、女性のヒゲや濃い産毛にアプローチしています。

     

    その他の美肌効果

     

    大豆成分の他、お肌を保湿する成分、透明感を導く成分、毛穴を閉める成分も含まれていますので、除毛効果以外の美肌効果も期待できます。

     

    また、脇などの毛を処理した後ボツボツと毛穴が盛り上がることがあります。このような毛を処理した後の敏感な肌を穏やかにする成分も入っています。

     

    独自除毛成分 セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、尿素、サルチル酸、フェリニーブ
    保湿成分 トリプルヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなど
    透明感 ビタミンC誘導体、ヒナギク花エキス、ハマメリス葉エキス
    毛穴ケア ノイバラ果実エキス、ゴレンシ葉エキス、アルニカ花エキス、ランチャエキス

     

    植物ゆらいの肌に優しい成分が特徴です。

     

    ノイス(NOISU)の使い方

     

    朝晩、洗顔の後に使用します。小豆つぶくらいの大きさを指に取り、指の腹で30秒ほどやさしく鼻の下に伸ばします。

     

    ノイスの粒

     

    より効果を高くするなら、手を人肌に温めること。冷たい手より温かい手でお手入れした方がよりクリームがなじみます。

     

    1本22g入りで約1ヶ月使用できます。

     

    女性特有のヒゲ対専用クリーム「noisu<ノイス>」

     

    価格 通常価格 8,500円(税抜)

    定期便 4,600円(税抜)
    ※継続の約束はありません
    1回のみでキャンセルOK
    1回のみ注文の場合 8,500円

    容量 1本22g(約1ヵ月分)
    お支払 ・コンビニ、郵便局、銀行 後払い

    ・クレジット
    ・代金引換(手数料無料)

    送料 初回送料無料

    2回目以降 630円
    5,000円以上で送料無料

    発送 営業日の12時までの注文で即日発送

    関東・関西・東海・北陸・甲信越・東北は翌日
    北海道・九州・中国・四国は翌々日
    沖縄&離島 3日以降

    返品

    初回に限り全額返金制度あり
    返品の送料はお客様負担

     

    ノイス(noisu)のさらに詳しい内容と私の体験談はこちら

    コントロールジェルMEについて

    「コントロールジェルME」は、子供、特にヒゲの濃い女の子のお母さんたちに評判の脱毛ローションです。

     

    女性のヒゲ用脱毛ローション

     

    3歳の娘さんと一緒に使っているお母さんや、小学校4年生の娘さんと一緒に使っているお母さんもいます。

     

    コントロールジェルMEの主な成分は、大豆エキス。大豆エキスは、大豆イソフラボンをより高濃度にしたもので、脱毛効果が期待できる肌に優しい天然成分です。
    お肌へのダメージは限りなく低く、敏感肌の方もOKです。

     

    肌への負担が少ないので、基礎化粧品を使う感覚で毎日使い続けることができるのがこのローションのすごいところです^^

     

    ただ、1つデメリットを言うと、今日塗って明日にはヒゲが薄くなると言うことはありません。肌に負担をかけずに徐々に薄くなるので、使いはじめは数週間は必要です。

     

    大豆イソフラボンの「豆乳ローション」が女性のヒゲ効く理由

     

    カミソリと違い、肌の角質を傷めることなく脱毛ができるのが「豆乳ローション」と言われるものです。WAXなどの脱毛と違い、即効性はありませんが、色素沈着を防ぎながら、綺麗な肌に導くことができます。

     

    なぜ、豆乳ローションが、肌を傷めることなく、除毛しながら美白効果をもたらすか・・

     

    それは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンと言う成分のおかげです。

     

    大豆イソフラボンには、

    脱毛効果

    ムダ毛の発育を遅らせる

    ムダ毛が薄くなる

    ムダ毛が消える

    等の効果があると言われています。

     

    イソフラボンには、女性ホルモン様効果があり、上記のような効果を期待できます。その逆で、男性ホルモンが優位に立つと、体毛が濃くなったり、ムダ毛の発育を促進したりと逆の現象が現れます。

     

    この女性ホルモン様成分「イソフラボン」が含まれているのが、豆乳ローションと言うわけですね。しかし、豆乳に含まれているイソフラボンは微量で、もっと効果的に含まれているのが「大豆エキス」です。

     

    大豆エキスを使うことで、家庭でも、ムダ毛を抑制するローションを作ることができますが、材料の購入の他、保存するビンの煮沸消毒や保存等がちょっと面倒です。

     

    作るのが大変と言う方は、大豆エキスが高濃度に含まれた「脱毛ローション」が販売されています。それが、コントロールジェルMEです。

     

    ローションで脱毛や色素沈着を改善する場合、レーザー脱毛とは違い、すぐには結果を出すことができません。

     

    しかし、化粧水や乳液で毎日のお手入れをするのと同時に脱毛が継続的に可能になり、肌の乾燥も防ぎ、結果、透明感のある肌になるとしたら、この方法が一番安く効果を期待できるのかと思います。

     

    サロンや美容皮膚科に通うことなく、痛みも感じることなく、自宅での脱毛が可能な方法です。

     

    顔にも使える話題のムダ毛対策ローション

     

    容量 1本150ml(約1ヵ月分)
    価格 初回特別価格 5,300円(税込)

    ※定期便ではありません

     

    2回目以降定期便希望の方:
    「フラワーエピソードモバイル」または電話にて注文

    お支払 代金引換のみ(手数料無料)
    送料 630円
    発送 注文完了後3日〜5日に発送
    返品

    60日間返金保証
    返品の送料はお客様負担

    自宅で脱毛ローションを使って女性のヒゲを薄くする 私の場合

    ここで私の顔の脱毛体験をお話しますね。

     

    私の場合、ヒゲもそうなのですが、肝斑(かんぱん)の悩みがより切実でした。

     

    肝斑の治療でレーザートーニング(レーザー治療)をすると、副産物として顔の産毛がなくなり、お肌がツルツルになります。

     

    レーザーをあてると、チリチリと音がして、産毛が焼ける感覚があり、ヒゲもなくなります。

     

    産毛が無くなると本当にお化粧のノリが良くなります。とっても嬉しいのですが、レーザートーニング10回1コースで、120,000円ほど。効果は半年ほどです。

     

    1年に数回受けると絶えず綺麗な状態でいられますが、さすがにお金が続きませんでした。

     

    私は、顔の永久脱毛がなんとなく怖いのと時間とお金がかかるので、肝斑の治療であるレーザートーニングと同時に産毛を処理していました。

     

    私は、お金の問題と、1クール(毎週1回を5回通院)を数回通うのが大変で、肝斑の治療のレーザートーニングをやめました。

     

    それと同時に、顔の産毛やヒゲも元通りです( ;∀;)

     

    しかし、肝斑の治療やめた後、即効性はなくても、少しずつ薄くなる脱毛ローションやクリームを続けたところ本当に薄くなりました。

     

    私は両方試しましたがどちらも保湿効果が高いのでお肌がカサカサすることなく、顔の産毛が薄くなるのが気に入っています。

     

    普通肌の方はローション、乾燥肌の方はクリームが向いていると思います。

     

    美は1日にしてならず。焦らずコツコツ続けていくと、ある日気づくと綺麗になっています。また、薄紙をはがすように良くなるケースが多いですね。色々な失敗や経験を経てたどり着いた結論です。

     

    焦らず続けられる方は、顔にも使える話題のムダ毛対策ローション女性特有のヒゲ対専用クリーム「noisu<ノイス>」が肌にもお財布にも優しい方法です。

     

    女性の口髭専用【ノイス】や幼児もOK【コントロールジェルME】は、楽天やアマゾンなどでは販売しておらず、公式サイトでの販売となります。

     

    二つの商品はどちらも、もしお肌に合わない場合や継続使用しても効果が表れない場合、60日間の期間内であれば、開封後でも使用後でも100%返金保障付です。

    シェーバーの使い方

    それでも、急いでヒゲを処理したい時は、シェーバーを使いたくなるますよね。ここでは、肌を傷めない正しいシェーバーの使い方のご紹介をご紹介します。

     

    ヒゲをシェーバーやカミソリで剃る物理的な方法

     

    カミソリなどでヒゲを剃る場合、だいたい1週間くらいの感覚で剃っている人が多いと思います。男性のヒゲは毎日伸びますが、女性は男性ほど速く伸びません。しかし、1週間も放っておくと、だんだんと目立ってくるのが女性のヒゲです。

     

    カミソリで剃るときは、クリームなどで滑りを良くしてから処理しますが、もっと慎重に処理をしないと黒ずみの原因になることがあります。

     

    正しい方法は
    @蒸しタオルや浴室などで処理したいムダ毛の部分を温めます
    Aお湯でムダ毛を蒸らします
    Bシェービングフォームまたはクリームをたっぷり塗ります
    Cカミソリで毛の流れにそって剃ります

     

    この時、石鹸やボディーソープは、何度かカミソリを使っているうちに泡がなくなり、角質がはがされ、肌に負担がかかります。

     

    クリームやシェービングフォームはケチらないでたっぷり使うことで、肌の負担が軽くなります。

     

    もし、角質をはがすような剃り方をし炎症を起こすと、皮膚を守ろうとしメラニンが集まります。この集まったメラニンが、色素の沈着や黒ずみの原因になります。

     

    カミソリは、肌が傷つきやすいので、たっぷりの泡やクリームで肌を保護してから剃るのが理想です。また、剃った後はしっかり保湿しないと、乾燥からくるシミや色素沈着などの原因になりかねません。

     

    どちらにしてもカミソリで処理した場合、アフターケアは万全に行いたいですね。

     

     


    ホーム RSS購読 サイトマップ